こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

前回の記事で、

 

スカイパニックアクション3作品のうち、「エアポート2014」について

 

レビューしましたが、今回は「フライト・クルー」について感想を書きます。

 

前回の記事はこちら ⇒ 映画「エアポート2014」の感想

 

 

 

フライト・クルー   2016年 ロシア

 

原題:Ekipazh

 

出演:ウラジミール・マシコフ(機長 ジンチェンコジンチェンコ役)

 

   ダニーラ・コズロフスキー(副機長 アレクセイ役)
   

   

フライト・クルー  あらすじ

 

 

ベテランパイロットのジンチェンコと訓練生のアレクセイは、噴火を始めた火山島へ

 

被災民の救助に向かった。

 

島の空港にも溶岩流が押し寄せる中、別々の機に分かれた2人はそれぞれ

 

被災民を乗せて離陸する。

 

だが、ジンチェンコ機が離陸時に損傷を受けて飛行困難に陥り、

 

墜落は時間の問題となった。

 

2人はやむなく双方の機をワイヤーでつなぎ、空中でジンチェンコ側の乗客を

 

アレクセイ側に移すという最後の手段に懸けるのだが……。   

引用:WOWOWオンライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライト・クルー  感想

 

映画人生、初めてのロシア映画です。

 

 

俳優も知らなければ、字幕版で観ている画面から聞こえてくるロシア語も

 

耳に馴染みがありません。

 

 

原題「Ekipazh」の意味は、「乗組員」で邦題はそのままの和訳でした。

 

 

日本では今年の1月に劇場公開されていますが、

 

ほとんど話題にならなかったみたいですね。

 

 

しかし本国ロシアでは2016年に大ヒットを記録したそうです。

 

 

超B級作ツッコミどころ満載の「エアポート2014」を観たあとの作品でしたので、

 

期待感はゼロでしたが、「エアポート2014」に比べたら数段、クオリティの高い

 

映画でした。

 

 

ロシア映画侮るべからず! でした。

 

 

序盤から45分ほどは退屈な展開でした。

 

 

正義感は強いが、少しチャラく血の気が多い若いパイロットのアレクセイと、

 

真面目一本堅物のベテランパイロット(兼アレクセイの教官)のジンチェンコとの

 

やり取りを中心にストーリーが進んでいきます。

 

 

ここで私の頭の中には、木村拓哉と堤真一が出演した、

 

TBSドラマの「Good Luck」を思い浮かべてしまいました。

 

 

こちらのテレビドラマも、木村拓哉演じる若きパイロットと、

 

真面目で規律に厳しい堤真一演じるベテランパイロットの物語でした。

 

 

 

 

 

 

 

「フライト・クルー」は45分過ぎぐらいから、スカイパニックアクションの本領を

 

発揮していきます。

 

 

溶岩流が滑走路に押し寄せる中、旅客機は脱出出来るのか、

 

ハラハラドキドキの展開に釘付けです。

 

 

そして一難去ってまた一難、貨物機と旅客機の空中での救助劇、

 

そしてクライマックスは旅客機は無地に着陸出来るのか?

 

 

序盤の展開とは裏腹に最後まで楽しめる作品でした。

 

 

これぞ「スカイパニックアクション」と呼べる映画です。

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

「特集:スカイパニックアクション」3作品がWOWOWで観れます! タイトル

 

 

エアポート2014

 

WOWOWシネマ(テレビ)で、

 

7月27日(木) 午前10時45分から

 

8月22日(火) 午前06時30分から

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、11月30日まで配信中

 

 

 

フライト・クルー

 

WOWOWシネマ(テレビ)で、

 

7月27日(木) 午後0時30分から

 

8月13日(日) 午前4時30分から

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、12月24日まで配信中

 

 

 

乱気流 -タービュランス-

 

WOWOWプライム(テレビ)で、

 

7月2日(日) 午前7時00分より

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、2018年2月28日まで配信中

 

 

 

興味のある方はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら