こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

飛行機を舞台とした航空パニック映画の代表作として、

 

「エアポート」シリーズが有名ですね。

 

 

 

 

 

 

 

これまで「エアポート〇〇〇〇」と邦題がついた作品は数多くありますが、

 

本家本元の「エアポート」シリーズは、ユニバーサル映画が作成した4作品のみです。

(原題にはエアポートの冠はない)

 

 

第1作:大空港(Airport) 1970年 アメリカ  

 

 

 

 

 

 

 

 

第2作:エアポート’75(Airport 1975) 1974年 アメリカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3作:エアポート’77/バミューダからの脱出(Airport ’77) 1977年 アメリカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4作:エアポート’80(Airport ’80 The Concorde)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は子供のころから飛行機が好きだったので、

 

上記の4作品は全てテレビや劇場で観ています。

 

 

そして嬉しいことにWOWOWでは、

 

「スカイパニックアクション」特集として3作品が放送されています。

 

 

 

エアポート2014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライト・クルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乱気流 -タービュランス-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、「エアポート2014」を観ましたので感想を綴ります。

 

 

エアポート2014   2014年 アメリカ

 

原題:Airplane vs. Volcano

 

出演:ディーン・ケイン

 

   ロビン・ギヴンズ

 

 

エアポート2014 あらすじ

 

ロサンゼルスからハワイへ向けて飛び立った民間航空機。

 

何事もないフライトが続く中、突然機内の電子機器がシャットダウンする。

 

迷走する同機が目の前に現われた巨大な暗雲を通り抜けると、

 

なんと眼前には溶岩を噴き上げる海上火山群が広がっていた。

 

最悪なことに噴石の激突で機長と副機長が絶命、

 

機の運命は小型機操縦の経験しかない乗客のリックに託される。

 

だが、かろうじて飛行を続ける機をさらなるトラブルが襲い……。

引用:WOWOWオンライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアポート2014 感想

 

「エアポート2014」は日本の配給会社がつけた邦題で、

 

正式には本家の「エアポート」シリーズではありません。

 

 

原題は「Airplane vs. Volcano」で日本語に訳すると、

 

「飛行機VS火山」で物語の内容を表している題名です。

 

 

一応、エアポートと冠がついているので期待していましたが、

 

全くの期待外れの超B級作品でした。

 

 

あらゆる場面にツッコミどころ満載です。

 

 

ツッコミその① 自動操縦

 

火山が噴火、爆発して溶岩が火山弾となって降りそそぐ中、自動操縦が解除できず

 

飛び続けている旅客機が、火山弾に当たることなく飛行しているのが非現実的です。

 

 

ツッコミその② CG描写

 

火山弾の中を飛ぶ旅客機や、噴火口めがけて飛ぶ戦闘機のシーンは、

 

CGで描写されていますが、あまりにもCGの描写がしょぼ過ぎです。

 

 

とても2014年に公開された作品とは思われない程の時代遅れのCG描写です。

 

 

ツッコミその③ 救援機

 

旅客機を救助するための救援機が登場するのですが、

 

そのコクピットの作りが全くのリアリティがありません。

 

 

室内スタジオで作った箱物感丸出しで、この作品のクオリティの低さが見て取れます。

 

 

ツッコミその④ 戦闘シーン

 

物語の終盤で、噴火する火山の対処策として戦闘機が噴火口めがけて

 

ミサイルを撃ち込むジーンがありますが、あまりにも現実的でないシナリオです。

 

 

「スターウォーズ・エピソード4」で反乱軍の戦闘機がデススターの心臓部を標的として

 

攻撃するクライマックスのシーンがありますが、この場面を意識したのでしょうか?

 

 

もろに真似している感が感じられました。

 

 

 

本家本元の「エアポート」シリーズと比較するのがおこがましい程の超B級作品でした。

 

 

過度な期待をしなければ、ツッコミどころ満載なので暇潰しにはアリの映画です。

 

 

しかしながら、お金を払って劇場で観る作品ではありませんので、

 

WOWOWで観るのが丁度いいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「特集:スカイパニックアクション」3作品がWOWOWで観れます! 

 

 

エアポート2014

 

WOWOWシネマ(テレビ)で、

 

7月27日(木) 午前10時45分から

 

8月22日(火) 午前06時30分から

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、11月30日まで配信中

 

 

 

フライト・クルー

 

WOWOWシネマ(テレビ)で、

 

7月27日(木) 午後0時30分から

 

8月13日(日) 午前4時30分から

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、12月24日まで配信中

 

 

 

乱気流 -タービュランス-

 

WOWOWプライム(テレビ)で、

 

7月2日(日) 午前7時00分より

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、2018年2月28日まで配信中

 

 

 

興味のある方はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら