こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

連日、テレビでは今週末に実施される、

 

東京都議会選挙についてのニュースが流れています。

 

 

私は東京都民ではないですが、

 

少なからず国政に影響するであろう選挙結果に注目しています。

 

 

この選挙前の時期にお薦めな一本の映画があります。

 

 

 

 

選挙の勝ち方教えます  2015年 アメリカ 日本未公開

 

原題:OUR BRAND IS CRISIS

 

出演:サンドラ・ブロック(ジェーン・ボディーン役)

 

   ビリー・ボブ・ソーントン(パット・キャンディ役)
   
   

選挙の勝ち方教えます  あらすじ (少しネタばれあり)

 

かつては凄腕の選挙戦略家だったジェーンだが6年前の選挙で失敗し、“疫病神(カラ

 

ミティ)ジェーン”と呼ばれるようになって引退し、地方で暮らしていた。

 

そんな彼女にベンら元同業者から成るチームは、ボリビア大統領選でペドロ候補を

 

支援する仕事をしないかと誘い、ジェーンは渋々現地へ。

 

やがてジェーンはペドロの対立候補リベラをかつてのライバルであるパットが

 

支援していると知り、以前のような辣腕に戻ろうと全力を挙げる。

引用:WOWOWオンライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選挙の勝ち方教えます  感想

 

サンドラ・ブロック主演ということで、以前の記事でも書きましたが、

 

「スピード」、「スピード2」、「選挙の勝ち方教えます」と立て続けに3本観ました。

 

以前の記事はココです ⇒ サンドラ・ブロック出演映画、3本観ました。

 

 

まず、何で日本では劇場公開されなかったのが不思議です。

 

 

人気女優のサンドラ・ブロックが主演で、ジョージ・クルーニーが制作に加わっている

 

作品なので、公開されれば話題になるはずでしたが。。。。。

 

 

邦題「選挙の勝ち方教えます」からイメージすると、コメディタッチの軽いノリの

 

作品かと想像してましたが、骨太で社会派の映画でした。

 

 

選挙コンサルタントの使命は、

 

「候補者を何が何でも勝たせる!」という私達に馴染みの薄い職業ですね。

 

 

選挙に勝つためには手段を選ばす、ネガテイブキャンペーンは当然で、

 

相手陣営へのフェイクニュースやスキャンダルを意図的に流します。

 

 

日本の選挙では、映画のような露骨なネガテイブキャンペーンは見受けられませんが、

 

アメリカや他の国では当然なのでしょうか。

 

 

まだ日本の選挙戦の方が健全で、候補者は政策論議で勝負していると感じます。

 

 

そして、何とも納得がいかない結末は、圧倒的に不利な選挙状況を打破して

 

大統領に当選するのですが、いとも簡単に選挙公約をひっくり返してしまいます。

 

 

勝てば官軍、あとは何をしてもいいのでしょうか?

 

 

この映画では、選挙戦のあり方と当選後の政治家の在り方について、

 

問題を投げかけているのでしょうか。

 

 

選挙前にはタイムリーな作品でした。

 

 

 

「選挙の勝ち方教えます」は WOWOWで観れます

 

 

WOWOWプライム(テレビ)で、7月30日(日) 午前9時45分から放送予定

 

WOWOWライブ(テレビ)で、8月29日(火) よる7時00分から放送予定

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、7月27日まで配信中

 

 

興味のある方はこちら↓↓↓

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら