こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

以前の記事で、WOWOW7月の期待作について書きましたが、

 

WOWOWは映画だけでなく、WOWOW制作のオリジナルドラマが見応え十分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の記事は

 

WOWOWで7月に放送する話題作!!シン・ゴジラとハドソン川の奇跡

 

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズがWOWOWで一挙放送です!

 

 

そして、7月からスタートするイチオシなドラマがあります!

 

 

それは・・・・

 

 

 

 

連続ドラマW「アキラとあきら」です。

 

 

  • 「連続ドラマW アキラとあきら」を見逃すな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作は、あの大ヒットドラマ「半沢直樹」の著者池井戸潤氏ですので、

 

面白くないわけがありません。

 

 

出演:向井理、斎藤工、小泉孝太郎、田中麗奈、瀧本美織、松重豊

 

 

あらすじ

 

昭和61年4月、メガバンクの産業中央銀行では新人研修が行われていた。

 

実践形式の融資戦略で名勝負を繰り広げたのは、

 

東京大学出身の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)の2人。

 

大企業の御曹司として約束された道にあらがう彬と、父の会社の倒産で

 

苦難の道を歩んできた瑛の人生は、何かに導かれるように交差する。

 

幼少期から青年期の、肉親の死、初恋、就職、成功、挫折・・・・・

 

誰もが経験する人生の選択を

 

経て、やがて2人を”宿命”としか言いようのない、

 

過酷な試練が待ち受ける・・・・。

 

引用:WOWOW MONTHLY PROGURAM GUIDE 2017年7月号より        

 

 

7月の放送を前に、よりドラマを深く知ろうと思い、

 

徳間文庫から出版されている原作本を購入しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ読みはじめたばかりですが、約700頁もある長編小説なので、

 

かなりの読み応えがあります。

 

 

100頁ほど読み終わりましたが、物語にどんどん引き込まれていきますので、

 

放送前までには読み終われそうです。

 

 

「半沢直樹」しかり「下町ロケット」しかり、ドラマ化される池井戸作品は、

 

面白く見応えがあり高視聴率を獲得しています。

 

 

それは演じる俳優さんの力とドラマを制作・演出するテレビ局のスタッフが

 

優秀なのでしょう。

 

 

「アキラとあきら」は、人気の二人の実力派若手俳優の向井理さんと

 

斎藤工さんが演じるので、これまた期待大です。

 

 

斎藤工さんは、WOWOWファンなら「映画工房」でお馴染みです。

 

 

「映画工房」はWOWOWで放送される映画を、映画好きで有名な斎藤工さんと

 

女優の板谷由夏さんが紹介する番組です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斎藤さんは高校時代に、レンタルビデオ店の「あ行」から作品を観て、

 

最後まで制覇したほどの映画好きで「映画は生活の一部」と言うほどです。

 

 

今回、池井戸潤さんとWOWOWのタッグですが、オリジナルドラマでは定評があり

 

力作揃いのWOWOWドラマのスタッフが制作するとなれば、間違いなさそうです。

 

 

  • 「アキラとあきら」放送は、

 

 

7月9日(日)より毎週日曜、夜10時:00スタートです。(全9話)

 

 

興味のある方はこちら↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

  • メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら