こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

今日はWOWOWシネマで放送された、

 

映画「世界で一番いとしい君へ」を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまで韓流映画は、積極的に観ていなかったのですが、

 

「韓流映画、あなどるべからず!」で、なかなかの良作でした。

 

 

 

 

世界で一番いとしい君へ  (韓国・2014年)

 

原題:My Brilliant Life

 

キャスト:カン・ドンウォン(父 デス役)
  
     ソン・ヘギョ(母 ミラ役)
     
     チョ・ソンモク(子 アルム役)
     

     

世界で一番いとしい君へ あらすじ

 

 

テコンドーの選手として将来を期待されていたデスと、

 

歌手を夢見ていたミラは恋に落ちるが、ミラは17歳で妊娠してしまう。

 

家族の反対を押し切って結婚した2人だが、生まれて来た息子のアルムは、

 

普通の人よりも何倍も速く成長老化してしまう先天性の難病“早老症”を患っていた。

 

デスとミラは愛情たっぷりにアルムを育て、幸せな家庭を築いていくが、

 

16歳になったアルムの身体年齢は80歳を超え、余命いくばくもなく……。

 

引用:WOWOWオンライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界で一番いとしい君へ 感想 (ネタバレあり注意!!)

 

 

17歳は親になるには、早いのか遅いのか。

 

 

17歳は命を終えるには、早いのか遅いのか。

 

 

17歳で子供を産んだ親と、17歳を目の前に死を準備する息子がいる。

 

 

早老症という難病で限られた時間しかない息子と、それを正面から受け止め、

 

息子と寄り添い最後まで共に過ごす両親の姿を描いています。

 

 

早老症という難しいテーマを扱っていますが、

 

全編を通じて重い空気感を感じることはなく、途中にコミカルな笑いあり、

 

観終わった後は、心温まる優しい作品でした。

 

 

親子の愛を中に描かれていますが、物語の中に「愛と思いやり」が随所に感じられます。

 

 

なにより主人公アルムの両親への思いやりには、頭が下がる想いです。

 

 

難病を患い学校にも行けない16歳の少年が、自分の死が近づいている状況であれば、

 

絶望から自暴自棄になったり、親に反抗的になっても当然なはずです。

 

 

しかしアルムは、自分の運命に絶望することなく、

 

両親への思いやりの気持ちに溢れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が印象に残ったシーン

 

 

アルムは病院での闘病生活が続く中、以前のように父のタクシーに乗り、

 

外出したいと願うが、父は一度は渋るが、残り命の短い息子の願いを受け入れ

 

外へ連れ出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人は冬の夜空の下、芝生に寝ころび星空を眺めています。

 

その時、夜空を流れ星が駆け抜けていきます。

 

 

アルムは流れ星に願いを託し、父は流れ星に気づきませんでした。

 

 

父はアルムに、何を星に願ったのか尋ねますが、

 

答えは「内緒!」と教えてくれません。

 

 

きっとアルムは、「奇跡が起き、長生きできるように!」と願ったのだろうと、

 

私は想像しました。

 

 

しかし、その願いは全く違っていました。

 

 

クライマックスのシーンで、その願いは明かされます。

 

 

アルムは死を前にして最後の願いを両親に告げます。

 

 

大晦日の除夜の鐘を聴きに行きたい!

 

 

もちろん両親、医師とも反対しますが、死期が近づくアルムの気持ちを察し、

 

親子3人、除夜の鐘を聴きに父のタクシーで病院を後にします。

 

 

母の膝に横たわるアルムは、母のお腹に手をやり、

 

ママ 、お腹にいるこの子に必ず伝えてね 。

 

兄ちゃんが 君の頭を 撫でたことがあるって。

 

アルムには妊娠したことを隠していた両親は驚きますが、

 

アルムは続けて、

 

パパと一緒に流れ星を見た夜 、僕は願い事をした。

 

生まれてくる兄弟は必ず健康にして!

 

 

なんとアルムは、すごい子なんだろう!

 

 

大人ならまだしも、まだ16歳の少年が自分が死ぬことよりも、

 

新しく生まれてくる弟へ想いを馳せてます。

 

 

 

私が心に残った名言

 

 

隣りに住むチャンおじさんが、いい味を出しています。

 

 

ある時は年寄り扱い、ある時は子供扱いします。

 

 

アルムのことを、隣の家の生意気な若年寄りとも言ったりしますが、

 

アルムのことを友達として付き合っています。

 

 

アルムもチャンおじさんに対しては、悩みや不安を正直に話せる間柄です。

 

 

アルムとチャンおじさんが外の階段に座り、

 

飲物を飲みながら語っているシーンがあります。

 

アルム:それおいしい?

 

チャン:焼酎か? そりゃ苦いさ。

 

アルム:なのに飲むの?

 

チャン:人生は辛くても生きるだろう。

 

    酒も同じだ。

 

    難しいだろう、 お前にはまだ早い。

 

 

人生は辛くても生きるだろう。酒も同じだ。

 

この言葉に、病気で辛いだろうが、飲み続ける酒と同じで、諦めずに生きろ!

 

というエールを送っていると感じました。

 

 

 

映画「世界で一番いとしい君へ」は、早老症という難病を題材として作品で、

 

最後は悲しい結末を迎えますが、不思議と観終わった後に虚無感や喪失感は無く、

 

むしろ生きる力を与えてくれる作品でした。

 

 

 

デス、ミラ、アルムの3人の明るい個性と、相手を想う優しい気持ちが、

 

心温まる映画です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「世界で一番いとしい君へ」を観るには

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、10月31日まで配信中です。

 

 

興味のある方は ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。        

 

 

メッセージ受付中

 

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら