こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

「これまでの自分の人生で、数多くのYESを言っていたら、

 

違った人生が展開していたかもしれない!」

 

と思わせる映画に出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード  アメリカ 2008年

 

原題:YES  MAN

 

キャスト:ジム・キャリー(カール・アレン役)

 

        ゾーイ・ デシャネル(アリソン役)

 

 

 

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード あらすじ

 

 

 

仕事にもプライベートにも「ノー」「嫌だ」「パス」と答える極めて後ろ向きの男、

 

カール・アレン(ジム・キャリー)。

 

親友の婚約パーティーまですっぽかし、

 

「生き方を変えない限り、お前はひとりぼっちになる」と脅されたカールは、

 

勇気を振り絞り、とあるセミナーに参加。

 

“意味のある人生を送るための、唯一のルール”は、全てのことに、

 

それがどんな事であっても「イエス」と言うだけ。

 

何事も否定せず「イエス」を連発、

 

偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)は、

 

彼の積極的でユーモアのある人柄に惚れ込む。

 

人が変わったように運気をどんどんあげていくカール。

 

だが全てが好転し始めたとき、思わぬどんでん返しが待っていた・・・?

引用:ワーナー・ブラザーズ公式サイト

 

 

   

 

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード 感想

 

 

陽気なアメリカ人のハチャメチャな、ラブ・コメデイーと思って観たら大間違いでした。

 

 

人生は前向きに生きなければ、何も変わらない!

 

ということを教えてくれた映画でした。

 

 

カール(ジム・キャリー)とアリソン(ゾーイ・デシャネル)の出会いも、

 

カールが”YES”と言って、ホームレスを自分の車に乗せて丘まで、

 

送り届けたことにより2人は出会えました。

 

 

そして”YES”と言って断り続けていたライブハスに行って、アリソンと再会しました。

 

 

”YES”という前向きな姿勢は、人生を良い方向へ導いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身のこれまでの人生を振り返ってみると、

 

10代から30代の前半ぐらいまでは、何事に対しても積極的であり、

 

新しことにチャレンジする意欲もありました。

 

 

しかし40代前後からは、保守的な人間になってしましました。

 

 

新しいことに挑戦する意欲は薄れ、変化を嫌い現状維持が心地よい、

 

そんな生活を過ごしていました。

 

 

そして今の生活も”YES”でなく”NO”ばかりです。

 

 

”NO”ばかりで何事も断っていたら、平穏に過ごせるかもしれないが、

 

刺激も、人との出会いもない、そして人間としての成長もない、

 

本当につまらない人生になるのではないか?

 

 

この映画は、

 

人生をボジティブに前向きに生きろ!

 

と後押しされる作品です。

 

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード はWOWOWで観れます。

 

 

WOWOWメンバースオンデマンドでは、9月4日まで配信中です。

 

 

WOWOWシネマ(テレビ)では、7月16日(日)午後4時30分から放送予定です。

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら