• 投稿 2017/06/05
  • 介護

 

こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

介護を続けていると、時たま不安感が襲ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして思考がネガテイブになり、毎日が憂鬱に過ごすことになります。

 

 

この状態が長引けばストレスも蓄積して、最終的には介護うつに陥るリスクがあります。

 

介護うつについての記事はココ ⇒ 介護うつ症状と予防法

 

 

介護うつになった状態では、出口の見えない介護を続けるのが難しくなります。

 

 

介護する人、介護される人、双方が幸せではありません。

 

 

 

 

 

 

介護で感じる不安

 

 

介護で不安感を感じたら、その原因を理解しましょう。

 

 

そして出来る範囲で対処法を考えましょう。

 

 

 

では介護で感じる不安とは?(私が感じる不安)

 

 

未来への喪失感に対する不安

 

・容体がどんどん悪くなっていく。

 

・どんどん出来ない事が増えていく。

 

・認知症が進んでいく。

 

・食事が食べれなくなっていく。

 

・歩けず寝たきりになる。

 

・家族(私)を認識できなくなる。

 

・いつかは亡くなる。(自分一人になってしまう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護についての不安

 

・これから介護度が重くなるが、上手く介護できるだろうか?

 

・果たして在宅でいいのだろうか?施設も考えるべきなのか?

 

・ショートステイを利用するべきか?(現在はデイサービスのみ)

 

・デイケアに行かせるべきか?(デイケアはリハビリや機能訓練を行う)

 

・最後まで、自分が介護できるか?

 

・もし自分が病気になったら、どうすればいいのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会から取り残されていく不安

 

・働いて社会に貢献していない。

 

・他人とコミュニケーションがない。

 

・友達付き合いが疎遠になる。

 

 

 

自分の将来への不安

 

・介護が終わったあと、自分はどうするのだろうか?

 

・仕事もない、お金もない、家族もない。。。。。

 

などなど。

 

 

 

 

まとめ

 

人それぞれ不安に感じることが違うと思います。

 

不安に感じる原因を理解していれば、

 

それに対処する術を考えることができます。

 

 

もちろん解決できないこともありますが、

 

不安の原因を知ることで、少しは気が楽になります。

 

 

不安だらけで悶々と過ごすよりは、よっぽどマシですね。

 

 

一番いけないのは、くよくよ悲観的に過ごしていては、

 

状況はさらに悪くなります。

 

 

不安の原因が分かっているのだから、

 

対処・改善する為に主体的に動きましょう。

 

 

そして物事をプラス思考で、考えるようにしましょう。

 

 

マイナス思考ほど何もいい事はありません。

 

 

認知症が進行して出来ない事が増えても、まだ出来る事を認識して喜びましょう。

 

 

排泄介助が上手く出来なくても、

 

「Youtubeを観て学び、次は上手く行おう!」と前向きに考えましょう。

 

 

介護の辛さ、大変さは、ストレスは、介護者の心持ちようで軽減できます!

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら