こんにちは♪ふかぽんです。

 

巷では、「うんこ漢字ドリル」が話題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは小学生向けの漢字ドリルで、全部の問題文に「うんこ」の文字が盛り込まれ、

 

子供達が楽しく漢字を学習できるよう工夫されています。

 

 

子供は本当に「うんち」の単語、話しが大好きですからね。

 

 

 

 

在宅介護でも、「うんち」は主役

 

 

一方、在宅介護の現場でも「うんち」は主役級の扱いです。

 

 

在宅介護をしていれば、排泄介助は避けて通れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして多くの介護者は、排泄介助の行為に強いストレスを感じます。

 

 

私も介護歴が10年以上になりますが、今だに排泄介助は苦手でストレスを感じます。

 

 

排泄介助には排尿と排便がありますが、「うんち」の介助は、

 

より強いストレスを感じます。

 

 

介助の祭、尿の滴が手に付くことは多々ありますが、

 

便が指先などに付着した折には、ギヤ―!と叫びたくなる気持ちです。

 

 

介護者を守るという衛生面からすれば、

 

排泄介助の際は介護用手袋を使うべきですが、1日に6~7回ある排泄介助に、

 

いちいち面倒くさく手袋を着けていません。

 

 

せめて排便の介助は、介護用手袋を着けないといけませんね。

 

 

母はオムツではなく、リハビリパンツを着用しています。

 

 

寝たきりではないので、トイレで排泄が可能ですので、

 

オムツ交換ではなく、リハピリパンツ用のパット交換と

 

陰部を「お尻ふき」で清潔に拭いてあげます。

 

 

寝たきりの状態で、布団やベッドでの排泄介助に比べれば、

 

簡単で介護者の負担も少ないです。

 

 

 

 

就寝中の便失禁は大変だ!

 

 

しかし母は、これまで何度か就寝中に便失禁をしてしまったことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は早朝に目覚めて、隣の部屋で寝ている母の様子を覗いてみると、

 

嫌な臭いが部屋に漂っていました。

 

 

「もしや?」と悪い予感が脳裏をよぎりました。

 

 

すぐに掛布団をはいでみると、嫌な予感は的中してました。

 

 

便失禁です。

 

 

うんちでパジャマの尻部や、タオルケットが汚れてしまっていました。

 

 

おまけに母親の指先や爪の間までにも、うんちが付着している状態でした。

 

 

尿漏れは、清拭(体を拭く)と、着替えを手際よく行えるのですが、

 

就寝中の便失禁の処理だけは、慣れず苦労してしまいます。

 

 

すぐに母親を布団から起こして、部屋の隅にあるポータブルトイレまで移動させ、

 

パジャマのズボンとリハビリパンツを脱がすと、便臭がプンーと漂ってきました。

 

 

軟便でしたので尻部から太ももまで、うんちがべったり付いていました。

 

 

まずはトイレットペーパーで体に付着した便を拭きとり、

 

脱ぎ捨てたリハビリパンツをレジ袋に入れ捨てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして浴室に連れて行き、ぬるめのシャワーで下半身を洗い流し、

 

指先や爪の間まで念入りに洗いました。

 

 

ここまで便失禁がひどいと清拭だけでは、

 

清潔に拭き取れないのでシャワー浴させました。

 

 

リハビリバンツと洋服を着せて、ひとまず母の介助は終わりです。

 

 

寝室に戻ると、便臭が部屋中に漂っていました。

 

 

すぐに換気と消臭スプレーを噴射しました。

 

 

最後に便で汚れたパジャマとタオルケットを洗濯して終わりです。

 

 

このような事態になるのは、年に2~3回ですが介護度が重くなり、

 

寝たきりでオムツ着用の状態になれば、日常茶飯事な出来事でしょう。

 

 

まだまだ私の介護は楽な部類だといえます。

 

 

排泄介助は私自身も気が滅入って大変ですが、一番辛い、恥ずかしい、気持ち悪い、

 

と感じているのは、要介護状態となって介護されてる母親の方なのです。

 

 

介護される方も、介護者も出来る限り負担を感じず、

 

排泄介助が行えるよう工夫しなければいけません。

 

 

 

介護技術を学ぼう!

 

 

「習うより慣れろ!」という言葉がありますが、数をこなして慣れることも大切ですが、

 

やはり介護技術の向上も大切です。

 

 

何回も排泄介助を経験していても、間違った方法で介助していては、

 

介護される方、介護する方、双方に負担になってしまいます。

 

 

正しい介護技術を学んで、少しでも排泄介助の負担を軽くしましょう!

 

 

介護技術を学ぶ方法は、ココをクリック ⇒   介護では腰痛予防が大切です。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら