こんにちは♪ふかぽんです。

 

WOWOWメンバースオンデマンドで、映画「ブルックリン」を観ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年アカデミー賞作品賞、主演女優賞、脚色賞にノミネートされ、

 

ネットでの書き込みも評価が高いので、期待して観ました。

 

   

 

しかし。。。。

 

 

ブルックリン 2015年 アイルランド・イギリス・カナダ合作

 

原題:BROOKLYN

 

主演:シアーシャ・ローナン(エイリシュ役)

 

   

 

 

 

ブルックリン あらすじ

 

故郷を離れ新天地へとひとり渡った女性の成長を

 

瑞々しくつづる珠玉のラブ・ストーリー。

 

アイルランドからアメリカへ。

 

私が選んだ故郷と愛—。

 

アイルランドの小さな街。エイリシュ・レイシーは不満を抱えながらも

 

食料品店で働きながら、母と姉ローズの3人で静かに暮らしている。

 

妹の将来を思い、エイリシュにニューヨークで働けるよう計らうローズ。

 

家族と故郷に別れを告げ新天地へと旅立ったエイリシュだったが、

 

彼女を待ち受けていたのは慣れない生活とホームシックで涙に暮れる日々。

 

そんなエイリシュを救ったのは、同郷の神父の勧めで通い始めた大学での

 

『学ぶ喜び』と、誠実なイタリア系アメリカ人トニーとの『新しい出会い』だった。

 

徐々に笑顔を取り戻し、女性としての強さと自信を持ち始めたエイリシュのもとへ、

 

故郷からある知らせが届く・・・。

引用元:映画「ブルックリン」オフィシャルサイト

 

 

 

ブルックリン 感想

 

 

この作品が言いたいことは何なんだろう?

 

 

50過ぎの中年男性には理解が難し映画でした。

 

 

ブルックリンの旦那、それとも故郷で知り会った男性、 どちらを最後に選ぶのか?

 

 

この作品をラブストーリーとして観れば、結末はハッピーエンドで

 

「よかった!よかった!」で終わるのでしょう。

 

 

しかしこの作品で描きたかったのは、エイリシュのラブストーリーではなく、

 

彼女が自分の生きる場所を、見つける過程・姿を描きたかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨーク・ブルックリンは田舎者の少女が、仕事、寮生活、仲間、学校、

 

恋人によって内面、外見も大人の女性に成長させてくれた場所です。

 

 

そして彼女の未来には、会社を起こし家を持ちたいと夢をみる、

 

誠実な旦那と旦那の明るい家族との生活が予想できます。

 

 

一方、故郷のアイルランドは閉塞感が漂う田舎町で、

 

古い気質や世間体を気にしながら生活しないといけなそうな町です。

 

 

そして家には、老いてきた母が一人。

 

ブルックリンか?アイルランドか?

 

 

結末は思わね事で、エイリシュは自分の生きる場所を選択します。

 

 

本当のところは、アイルランドから逃げたのかもしれません。

 

 

この映画は、男性が共感するのは難しい作品だと思います。

 

 

むしろエイリシュを想う二人の男性に感情移入するのでは・・・・。

 

 

女性が観終わったあと、エイリシュの生き方に、

 

「ああでもない、こうでもない」と盛り上がるのではないでしょうか。

 

 

WOWOWで観る!

 

WOWOWメンバースオンデマンドでは、9月27日まで配信しています。

 

 

テレビで観るには、6月8日(木)午後2時30分 から放送されます。

 

 

平日で仕事の方は、録画可能ですので、好きな時間に観賞して下さい。

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら