こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

わが家では、WOWOWに加入しています。

 

 

昨年、スターウォーズ全シリーズの一挙放送というので、

 

迷わず契約しました。

 

 

WOWOWには24時間映画専用チャンネルがあり、

 

新旧いろいろなジャンルの作品が観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新作を観ることは出来ませんが、在宅介護の生活で、

 

映画館で観れない私にとっては、家で映画が観れるのは大変有難いです。

 

 

この10年以上、ほとんどの新作、話題作は観てません。

 

 

しかしWOWOWで1年過ぎると放送される作品もあるので、

 

新鮮な気持ちで映画鑑賞を楽しんでいます。

 

     

 

 

WOWOWオリジナルドラマが素晴らし!

 

 

WOWOWは映画だけでなく、WOWOWオリジナルドラマが力作ばかりです。

 

 

日曜日の夜10時から放送されている「連続ドラマW」枠が、

 

見応えのある作品が揃っています。

 

 

扱っている題材が地上波でありがちな、ラブストリーやコメディではなく、

 

社会・経済問題をテーマにしたクオリティの高い作品ばかりです。

 

 

現在、放送されているのは、

 

社長室の冬 =巨大新聞を獲る男= 

 

原作:堂場瞬一

 

主演:三上博史

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長室の冬 =巨大新聞を獲る男= あらすじ

 

 

物語の舞台は創業130年の歴史を誇る日本最大手の新聞社、日本新報。

 

   
かつて栄華を極めた新聞社も、インターネットやスマートフォンの隆盛により

 

発行部数と広告収入が大きく減少して、著しい経営難に陥っていた。

 

 

そんな折、社長である小寺政夫は、ひそかに外資系企業に接触して、

 

わが国では前例のない巨大新聞社の身売りを画策していた。

 

 

その相手とはAMCジャパン社長の青井聡太。

 

 

小寺社長の急死により、新社長となった新里明は、

 

社長室の南康祐を使い、身売り交渉を引き継いだ。

 

 

しかし民自党議員の三池高志と、創業者一族の長澤英昭が立ちはだかる。

 

 

実は青井は20年前 、新里によって左遷を命ぜられ、

 

退社した日本新報の記者であった。

 

 

20年ぶりに日本新報と対峙した青井は、かっての古巣に身売り条件を突き付けた。

 

 

その身売り条件とは?

 

 

青井:「紙の新聞の発行を 全面停止してください!」

 

新里:「日本新報廃刊しろということですか?」

 

青井:「紙の撤廃、それが絶対条件です!」

 

 

果たして青井は日本新報の買収に成功するのか?

 

 

日本新報は廃刊になってしまうのか?

 

 

久々に次の放送が待ち遠しいドラマにめぐり逢いました!

 

 

     

 

 

社長室の冬 =巨大新聞を獲る男= 序章の感想

 

 

青井は外資の黒船で、新聞社を乗っ取る ⇒ 

 

 

日本新報は伝統と歴史のある新聞社 ⇒ 

 

という対立構造で、

 

「日本新報 がんばれ!」

 

という気持ちになりましたが、物語が進むにつれて、

 

「青井 がんばれ!!」

 

と変わってきました。

 

 

青井は、政治と社会の大きな圧力と闘っているのです。

(詳細はネタバレになりますので控えます。)

 

 

子供の頃から何十年も新聞に慣れ親しんでいる私には、

 

紙の新聞がなくなるなど考えられません。

 

 

しかしながら新聞で得る情報の大半は、ネットでも得られます。

 

 

何より情報が伝わるスピードの速さでは、新聞は勝負になりません。

 

 

私より上の世代は、紙の新聞が当たり前で、

 

ネットで記事を読むのに抵抗があるのではないでしょうか?

 

 

一方、生まれた時からネットのある環境で育ってきた世代は、

 

全然抵抗がないと思います。

 

 

むしろネットからニュースや情報を入手するのが、当たり前なのかもしれません。

 

 

近い将来、紙の新聞が廃止される日が現実になるかもしれません。

 

 

見逃した作品も観られます!

 

 

「社長室の冬 =巨大新聞を獲る男=」は、

 

明日が第4話の放送ですが、WOWOWは見逃してしまった放送でも、

 

加入者限定の番組配信サービス「WOWOWメンバーズオンデマンド」で、

 

好きな時に過去の作品がパソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

 

 

現在、第3話まで配信されています。

 

 

   

 

 

そして何より嬉しいのが、「連続ドラマW」の過去の作品が、

 

「WOWOWメンバーズオンデマンド」で配信されています。

 

 

私は今、山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」を観ています。

 

 

この作品は、日航ジャンボ機の墜落事故をモデルにしたストーリーですが、

 

2009年にに渡辺謙さん主演で劇場公開されています。

 

 

WOWOWでは上川隆也さん主演で、

 

全20話のWOWOWO開局25周年記念作品として、

 

2016年に放送した渾身の作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話を先週から観初めたばかりですので、当分は「沈まぬ太陽」を楽しみます。

 

 

WOWOW制作のドラマは、社会派で骨太な作品ばかりなので、

 

地上派のドラマに見飽きた人には、絶体にお勧めです!!

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら