こんにちは♪ふかぽんです。

 

 

父さんは何時に帰ってくるの?

 

 

ご飯は、まだ食べてないわよ。

 

 

もう家に帰らなきゃ!

 

 

などなど、母は同じ事を何度も口にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ときには事実でない事も、あたかも事実のように話します。

 

 

何度も同じ事を話すのは、よくある認知症の症状です。

 

 

 

なぜ、何度も同じ話を繰り返すのか?

 

 

認知症を患っている人は、記銘力が落ちているのが原因で、

 

直近の新しい記憶を、留めておける能力が低下しています。

 

 

母も、デイサービスから帰宅して30分もすると、

 

デイサービスに行ってたことを覚えていません。

 

 

しかしながら昔の幼少期の事は、鮮明に覚えているのも、

 

認知症の症状です。

 

 

 

在宅介護で何度も何度も、同じ話しを聞かされるのは、

 

苦痛でありストレスになります。

 

 

何度も同じ話をしないで!!

 

 

と怒りたくなります。

 

 

私も認知症の介護を始めて数年は、

 

イライラが募り怒鳴ってしまった経験があります。

 

 

真面目で几帳面な性格の介護者ほど、認知症の人の言う事を真剣に受け止め、

 

間違った事は否定して正しい事を理解させようと、試みるのではないでしょうか。

 

 

しかしながら、これは逆効果になる場合もあります。

 

 

認知症の人が同じ事を繰り返し話す時は、

 

心の中に気になっている事や、不安がある場合が多いです。

 

 

こういう場合は、その不安や心配事を解消させるようにすることです。

 

 

 

 

同じ話しを繰り返すときの対処法

 

  • 聞き役に徹し、共感する

 

 

「そうだよね、そうだよね。」と共感してあげましょう。

 

 

たとえ間違った事を言っていても、否定してはいけません。

 

 

余計に不安を募らせてしまい逆効果です。

 

 

話を理解して、答えを出す必要はありません。

 

 

あくまでも聞き役に徹しましょう。

 

 

 

  • 相づちを打ちながら聞き流す

 

黙って聞いていると、相手は「無視」されていると感じますので、

 

適度に相づちを入れましょう。

 

 

高齢者は、聞いてもらうだけでも満足することが多いのです。

 

 

 

  • 話題を変える、気をそらす

 

少し聞いて相づちを打ったら、話題を変えたり、ほかの事に気をそらせましょう。

 

 

私の場合は、孫の写真を見せたり、雑誌を見せたりしています。

 

 

 

ダメな対処法

 

  • 無視する

 

無視するのは高齢者を不安にさせ、信頼関係が崩れてします危険があります。

 

  • 怒る

 

「その話は何度も聞いたから!」と声高に怒るのは、高齢者の心を傷っけます。

 

 

 

 

このように認知症の人の話を、何回も聞くのは大変です。

 

 

2~3日ならまだしも365日毎日、同じ話しに付き合うのは、

 

相当に心が寛容な人でなければ無理です。

 

 

私も3~4回は、適当に相づちを打ち聞き流していますが、

 

さすがに5回以上になるとイライラが募ってきます。

 

 

そんな時は、その場(部屋)から離れます。

 

 

これしかないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら