こんにちは♪ふかぽんです。

 

時々、母の体の容態や今後の介護生活について

 

考えると落ち込むことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在母は要介護3の認定を受けいますが、いずれは認知症が進行して

 

身体機能が低下して要介護度4~5に可能性が高いです。

 

そして私の介護する負担も、さらに重くなるのが予想されます。

 

 

 

 

要介護4~5の認定を受けた時、予想されること

 

 

<自力歩行が困難となり、車いすを利用する。>

 

介護保険を利用してレンタルが可能です。

 

 

<自宅の一部、リフォーム改修>

 

トイレ・風呂場には手すりを付け、玄関には段差があるので

 

車いすで移動できるようスロープを設置する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<介護用ベットをレンタルする。>

 

今は敷布団で寝てますが、介護者の負担を減らすには、

 

介護用ベットが断然楽に介護ができ、介護者の身体、腰を守ります。

 

 

<訪問看護士さん、訪問診療(医者)を利用する。>

 

寝たきりになった場合は通院は難しいので、

 

医師と看護師さんが自宅に来てくれる訪問診療を利用します。

 

 

<介護ヘルパーさんを利用する。>

 

もし寝たきりになった場合は四六時中、自宅に在宅していますので、

 

仕事や買い物など、どこにも外出が出来なくなります。

 

上手くヘルパーさんに自宅に入ってもらって、

 

外出する時間を確保する必要があります。

 

 

<今まで以上に、お金がかかる。>

 

介護保険料、医療費、福祉用具レンタル代、自宅リフォーム代、

 

食費(通常食が食べられなくなった場合)など

 

 

<介護の負担が今以上に重くなる。>

 

食事、トイレ、着替えなど自分で出来ることが少なくなり、

 

ほぼ生活の動作は全介助の状態になるでしょう。

 

 

<介護ストレスが半端ではない!>

 

自分の時間は少なくなり、ストレスだけが溜まりそうな予感です。

 

 

 

 

全て悲観的に考えてしまいますが、

 

でもその時は、いつ訪れるかは誰にもわかりません。

 

 

もちろん訪れては欲しくないのですが。。。。

 

 

 

 

では今から準備すること・出来ることはあるのでしょうか?

 

 

<心構えと覚悟>

 

親が寝たきりになった時の介護者の心情は、

 

深く落ち込み暗い気持ちになると予想されます。

 

 

少しでも精神的な負担を少なくする為に、今からその状況を予想し覚悟して、

 

想定内の出来事として対応するしかないと考えています。

 

 

<情報収集>

 

いざ介護度が増して身体機能が低下したとき、途方にくれない為にも、

 

インターネットで調べたり担当のケアマネージャーさんに相談したりして、

 

情報収集して介護の知識を得ます。

 

 

<話し相手(愚痴を言える相手)を作る。>

 

在宅介護者、ましてシングル介護者は一人で親の介護を抱えこみ、

 

ストレスを溜め込んでいます。

 

 

話す(愚痴を言う)ことで、いくらかストレスが発散します。

 

 

誰にも介護の悩みや不安を話さず我慢しているとは本当に辛いことですね。

 

 

出来れば、介護経験がある人がいれば最適です。

 

 

介護の苦労や悩みを共有・共感できます。

 

 

<お金>

 

収入を増やして、将来に向けて貯蓄が出来ればいいのですが、

 

フルタイムで働ける正社員ではないので、現状では難しいです。

 

今は少しでも節約して、無駄なお金は使わないことでしょうか。

 

 

自分なりにお金を増やす方法については、試行錯誤中です。

 

 

 

 

要介護度が重くなった時のことなど考えたくないですが、

 

その時に備えて、情報の収集と心の準備は必要です。

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら