こんにちは!ふかぽんです。

 

 

認知症の症状は、物忘れだけではありません。

 

 

幻視・幻覚も症状の1つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母も最近よく幻視の症状が時たま表れます。

 

 

「玄関の外に誰かが立っている。」

 

 

「隣に赤ん坊が寝ている。」

 

 

「畳の上に虫がいる。」

 

 

などの言葉を口に出し、落ち着きがなくなります。

 

 

どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

「誰もいないよ。」

 

 

と言葉で説明しても、母は納得してくれないので、

玄関の扉を開けて誰もいないことを確認(納得)させるのですが、

 

3~4分も経過すると、また同じ言葉を繰り返します。

 

 

私も2~3回は同じ確認作業に付き合いますが、

 

だんだんイライラ感が蓄積していきます。

 

 

 

幻視とは

 

 

幻覚とは実際にないものを感じる症状で、そこに存在しない物が

 

見える症状は幻視といい、認知症の患者さんには多く見られます。

 

 

以前は、母の幻視を頭ごなしに否定して、

 

納得させることに意地になっていましたが、これは間違った対処法で

 

母も私もハッピーにはなれません。

 

幻視はレビー小体型認知症の人にみられる特徴的な症状です。

 

見えないものが見えたり、頭の中が混乱している状態が起こります。

 

 

幻視の原因は、脳の神経細胞が集まった部分に異常なたんぱく質が、

 

溜まってしまい血流が悪くなることが、関係しているといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母はアルツハイマー型認知症で、レビー小体型認知症ではないのですが、

 

だいたい寝不足の時に幻視の症状が表れます。

 

 

 

幻視(幻覚)が起きたときの対応

 

 

<頭ごなしに否定しない>

 

幻視は本人が実際に見えていると感じているので、その訴えを否定したり、

 

怒ったりせず受け止めましょう。

 

 

強引に否定したりすると、本人は不安を感じたり混乱を起こし、

 

更に症状が進んでしまいます。

 

 

<安心させる>

本人の訴えは否定せず受け止め、本人の不安を取り除くことを考えましょう。

 

 

<部屋を明るくする>

 

幻視は暗い部屋や、物影に見える場合が多いので、部屋の中は明るくしましょう。

 

 

<関心を他の方向に向かせる>

 

テレビ、写真などを観せて、話題を変えましょう。

 

 

<服薬治療>

 

薬で改善される場合もありますので、専門医に相談しましょう。

 

 

 

 

母の場合は大概、、寝不足時に幻視の症状が表れます。

 

普段は幻視の症状は、ほとんど表れないので、

 

母の場合は睡眠不足が原因なのでしょうか。

 

 

現在、何より日頃の体調管理と規則正しい生活が大切ですね。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら