こんにちは!ふかぽんです。

 

昨日の夕方のニュースで「混合介護」について取り上げられていました。

 

 

混合介護とは、介護保険内のサービス介護保険外のサービス

 

両方を受けることをいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護される人が受けるサービスには、

 

1割負担の介護保険内のサービスと、全額負担の介護保険外サービスがあります。

 

 

 

 

  • 介護保険内と介護保険外

 

 

介護保険内のサービスの主な内容は、ヘルパーが自宅に訪問して掃除や食事の準備、

 

着替えや排泄、入浴介助などの訪問サービスと、デイサービスなどに通い食事や、

 

排泄・入浴介助などを受ける通所サービスがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、介護保険外のサービスとは要介護者以外に係る調理・洗濯や草むしり、

 

犬の散歩やペットの世話や家具の移動、家電製品の修理など、要介護者である

 

本人の介護とは関係ないサービスを行います。

 

 

現在の 介護保険のサービスでは、 介護保険 内のサービスと 介護保険外のサービスを

 

同時に 受けることはできません 。

 

例えば介護保険では、年老いた夫婦を訪問したヘルパーさんは、

 

要介護者の食事は作れますが、旦那さんの食事は作れないということです。

 

では、家族が保険外サービスを希望したら旦那さんの食事も

 

一緒に作れるのでしょうか?

 

 

残念ながら現在の介護保険制度ではできません。

 

 

自己負担が1割の 介護保険サービスと 全額 自費で払う 保険外サービスは、

 

時間を 分けて 提供するのが 今のルールとなっています。

 

 

したがって、同時進行で介護保険外サービスを行うことは出来ません。

 

 

もし同じ時間内で サービスが できれば 効率的です 。

 

この 非効率と思える 仕組みを 変えようと、 政府の 規制改革 推進会議 では、

 

介護保険のサービスと 保険外サービスを、 一緒に 提供できる 混合介護

 

解禁する 議論が 進められています 。

 

 

 

  • 混合介護の解禁で利用者に メリットが あるのでしょうか ?

 

介護事業者に 聞くと、
 
効率的にサービスが提供できるので 、今までの料金より安く 介護保険に

 

プラスアルファの金額で 保険外 サービスの提供ができそうです。

 

この混合介護の導入に積極的なのが 小池東京都知事です。

 

「目玉政策として アピールしております。」

 

 

「事業者による 創意工夫の幅が広がるということが期待されます。」

 

 

「それから利用者の利便性が広がるということも期待されます。」

 

 

小池知事は お膝元である 豊島区と特区制度を活用し 、

 

来年度から 混合介護が開始する予定です 。

 

 

ただ料金体系が複雑になり 利用者が 高額な保険外サービスを、

 

押し付けられないかと懸念する声もあります。

 

 

そして事業者においては、必要過剰なサービスにつながらない仕組みを

 

考えていくことが必要です。

 

 

 

  • 混合介護は介護事業者や家族にとって、より良い制度になるのでしょうか?

 

 

現在は介護保険のサービスと介護保険外のサービスは、

 

明確に時間を分ける必要があります。

 

 

混合介護で 同時に提供すると 効率的にサービスを提供することができます 。

 

 

それによりヘルパーや働く人の時間が短縮できます。

 

 

利用者にとって料金も、保険内サービスと保険外サービスを

 

足したのと比べると安くなるかもしれません 。

 

 

さらに事業者にとってみても、 サービスの利用者が増えれば

 

収益性 アップが期待されます。

 

 

ただ厚生労働省は慎重な立場で、 保険外を使う人が優先されると

 

保険内サービスが適切に受けられない恐れがある としています。

 

 

まだまだ本格導入にはクリアーしなければいけない課題が多いですね。

 

 

引用・参考 テレビ東京「ゆうがたサテライト」より

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら