こんにちは!ふかぽんです。

 

 

私は現在に至るまで、約12年の在宅介護歴があります。

 

 

介護の知識や技術も無いところからスタートして、

 

試行錯誤で介護を続けてきました。

 

 

在宅介護を続けていると、さまざまな問題や悩みに遭遇します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その唯一の解決方法は、

 

1人で抱えこまないで、相談して周囲を巻きこむ!

 

ことではないでしょうか。

 

 

 

 

シングル介護者は注意!

 

 

現在の社会では少子化が進み、複数の家族で親の介護をすることが難しくなり、

 

私のように親の面倒を1人で介護する、シングル介護者が増えてきているのが、

 

現実ではないでしょうか。

 

 

そして親(配偶者)の介護の全責任を1人で背負い込み、

 

「介護」と「自分の人生」を引換えにして、

 

親の介護に全てを注ぎ込む生活になります。

 

 

とくに、几帳面で真面目な性格の人は、

 

全て一人で完璧に介護をしょうとします。

 

 

その結果、介護者は心身共に追い込まれて、体調を崩したり、

 

またはストレスが溜まりイライラして親に暴言を吐いたり、

 

最悪は暴力を振るう事態に陥る危険があります。

 

 

これらのことは、自分1人で親の介護を担っていることが原因だと思われます。

 

 

在宅介護は1人ではできません。

 

 

自分を育ててくれた親なのだから、最後まで自分が介護しょう!

 

という気持ちを持つ人は少なくありません。

 

しかし在宅介護は、精神論だけでは長続きしません。

 

 

介護はゴールの見えない長距離走です。

 

 

家族の協力はもちろんですが、行政のさまざまな介護サービスを利用して、

 

介護者が心身共に健康で、心に余裕を持て生活できるようにしなければなりません。

 

 

そのためには介護保険のサービスを利用して、日頃からケアマネージャーや

 

デイサービスの職員さんらと連絡を密にして、周囲を巻き込んでいきましよう。

 

 

 

介護の愚痴を言ってもいいのです!

 

 

そして介護からストレスを発散するには、誰かに自分の愚痴を

 

聞いてもらうことが大切です。

 

 

自分1人で心の内面に留めておくのは危険です。

 

 

誰かに話すことで精神的な負担が和らげます。

 

 

理想なのは、同じ介護をしている境遇の人達と、

 

愚痴をこぼせる場があることですね。

 

インターネットなどで探すと、

 

「認知症の家族会」や「男性介護者の会」などがありますので、

 

このようなコミュニティに参加するのも方法の一つです。

 

 

ブログを書こう!

 

 

ただ全ての介護している人が、身近に愚痴を聞いてくれる人がいるとは限りません。

 

 

また近隣に「家族の会」などのコミュ二ティがない場合があります。

 

 

さらに人付き合いが苦手な方もいるでしょう。

 

 

そんな場合にお薦めなのは、ブログを書くことです。

 

 

日常の出来事や介護にまつわる愚痴など、

 

自由勝手気ままに綴ってみるのはどうでしょうか?

 

 

きっと、あなたの書いたブログに共感してくれる人が居ます。

 

 

あなたと同じように介護に直面して悩んでいる人がブログを読んでます。

 

 

時には、コメント欄に激励のメッセージが入っていることもあります。

 

 

ぜひブログを書いてみましょう。

 

 

 

 

最後に、在宅でシングル介護をしている方、

 

ひとりで抱え込んず周囲を巻き込みましょう!

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

 

お問い合わせはこちら