こんにちは!ふかぽんです。

 

 

 

将来、私も認知症になるのでしょうか?

 

 

 

ふと、こんな疑問が脳裏をよぎることがあります。

 

 

 

両親ともアルツハイマー型認知症です。(父はすでに他界したので過去形です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

将来、私も認知症を発症するのではないか?

 

と不安です。

 

 

認知症は遺伝するのでしょうか?

 

 

 

 

親が認知症であれば高い確率で、子供も認知症になるという、

 

家族性アルツハイマー病という、原因遺伝子は存在します。

 

 

 

家族性アルツハイマー病とは

 

 

家族性アルツハイマー病は遺伝的に発症した、

 

若年性アルツハイマー病のことです。

 

 

 

Familial AD(略してFAD)とも呼ばれています。

 

 

 

アルツハイマー病患者の多くは70歳を超えて発症しますが、

 

家族性アルツハイマー病は、40~60歳代の初老期に多く発症します。

 

 

 

これらの患者の多くが、遺伝的なアルツハイマー病の素因である

 

原因遺伝子(遺伝子変異)を持っていると考えられています。

 

 

 

アルツハイマー病を発症する患者が多い家系では、

 

この原因遺伝子(遺伝子変異)が子孫に受け継がれ早い時期に、

 

アルツハイマー病を発症させてしまう有力な原因とみられています。

 

 

現在、家族性アルツハイマーの治療法は見つかっていません。

 

 

 

しかし原因遺伝子がわかっている為、家族にアルツハイマー患者がいる場合は、

 

遺伝子検査を受ける事により、遺伝子に異常がありアルツハイマーを

 

発症するリスクや可能性があるかどうかは、調べる事が可能です。

 

 

 

家族性アルツハイマー病は遺伝子の変質により、

 

若年性アルツハイマー病より更に症状の進行は速いので、

早期での発見および治療が重要とされています。

 

 

 

ある統計によると、アルツハイマー病の中では、

 

家族性アルツハイマーを患っている人の割合は、5%を下回る程度のようです。

 

 

 

多くの認知症には、確かな遺伝性は認められていません。

 

 

 

このようにアルツハイマー型認知症のほとんどは遺伝性ではないのですが、

 

身内にアルツハイマー型認知症があると発症するリスクは、

 

通常の約3倍程度と言われています。

 

 

よって私が認知症を発症するリスクは、通常より高いということです。

 

 

 

しかし遺伝的な素因だけで発症するのでなく、

 

これまでの生活習慣が密接に関係しているそうです。

 

 

高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、アルツハイマー型認知症の

 

危険因子として報告されています。

 

 

若いうちからの生活習慣病の予防が、認知症予防につながると

 

言っても過言ではありません。

 

 

 

 

認知症にならないための生活習慣

 

 

1.食生活の改善 

和食を中心に野菜、魚、果物からビタミンC、E、βカロチン、DHA、EPAを

 

よく摂取する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.運動する。

 

脳を活性化するため、週3日以上の有酸素運動をする。

 

 

3.他人と話す。

認知症は脳の機能が低下したり、脳が萎縮してしまう病気ですので、

 

脳に刺激をたくさん与えることが重要です。

 

 

4.脳トレ

 

簡単なパズルやドリル、または麻雀や囲碁、将棋など脳を使う作業は、

 

認知症予防に効果があると言われています。

 

 

5.睡眠

 

短時間睡眠は認知症発症のリスクを高めます。

 

 

 

出来れば6時間以上の睡眠や、30分未満の昼寝を心掛けましょう。

 

 

6.飲酒・喫煙

 

過度な摂取は脳に悪影響を及ぼしますので注意しましょう。

 

 

7.ストレス

 

ストレスを強く感じ人は、認知症が発症しやすい傾向があります。

 

ストレスは適度に発散するように心掛けましょう。

 

 

 

 

親が認知症だから悲観する必要はない!

 

 

親が認知症だからといって自分の将来を、くよくよ悲観するより、

 

生活習慣病に注意して、認知症予防を心掛けた生活をしたほうが、

 

間違いなく認知症の発症するリスクは、低くなるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

メッセージ受付中

 

 

ふかぽんに聞いてみたいこと、

 

在宅介護についての情報交換、

 

または日頃の愚痴など、

 

どうぞお気軽にメッセ―ジくださいませ♪

 

 

お問い合わせはこちら